「自転車は路肩」とか言ってる奴

DSC_0038

自分が何を言っているのか絶対に分かってないでしょ?


写真はつくば市花室のこの辺です。
ここの歩道でこの写真を撮って確認していたら、部活帰りの中学生か高校生かといった感じの男の子が順当に車道を走っていたところを後ろからクソジジイにクラクションを鳴らされていましたね。いやいや、ジイサンよ、その子にはあんたにクラクションを鳴らされる筋合いは無いからね? かわいそうに、こういう無理解な輩が自転車に向かってクラクションを鳴らすせいで、自転車が歩道に入ることが正当化されるんですよ。


それはそうと、結構私自信、自転車で車道を走っていて酷い目に遭ったことは色々あります。片側3車線ある信号待ちで直進・左折レーン (第1車線ね) の手前をゆっくりと停止線に向かっていたところ (前はいなかった) 後ろから大型にどけとばかりに鳴らされる。スクールバスに歩道の縁石ギリギリまで退避を迫られるような幅寄せを食らわされる。車列に並んでいたところ、真横に付けられてバックミラーが当たる、などなど。特にバックミラーが当たっていたのは殺意を感じましたね?

未だに自転車は車道ではなく路肩だと思ってる人 湘南ロードライン

なるほどなって思いましたよね。そうね、こいつらみんな「自転車は路肩」だと思っているからこんなことを平気でできるんだろうなと。
ちなみに、歩道がある場合の車道外側線の外が「路肩」で、歩道がない場合の車道外側線の外が「路側帯」です。路側帯を走行してはいけません。軽車両は通ることができますが、徐行義務があります。明快ですね。路側帯は歩行者のためのものですから。
問題なのは路側帯ではなく路肩の場合です。

``原付と自転車では走る場所が違う” ???? これを本気で思っているプロがどうやらいるらしいですね? 免許を取り上げろ。

ちなみに、法でどうなっているのかについては、先ほどの記事にもリンクのある車道を走る自転車の走行ラインを明確化せよ 湘南ロードラインに詳しいのでどうそ。


「自転車は路肩を走るな」というのはまた違いますよね。建前はどうであれ、路肩を走らないと車に邪魔がられることは多いので。路肩が広ければ別に走れば良いと思います。
ただし、「路肩を便利に使おうとするな」とだけは言っておきます。路肩を使えば車列をすり抜けられるからって、交差点で路肩をスルスルと走って行くのはあまり感心しません。押ボタン式の横断歩道がある信号 (交差点じゃなくて) とかだったら別に良いと思うのですが。要するに、左折車の巻き込みリスクがありますよね。
あと、路肩から出たり入ったりするような走り方はクソですね。とはいえ、いきなり路肩が狭くなることもあるので、そういう場合路肩を走るのがそもそも賢明ではないわけです。頑なに第1車線を走ってください。


というのは、自転車乗りの認識の話で、「自転車は路肩」とか「自転車は歩道」とか思っているバカなドライバがいるせいで、車道を安心して走れないのは事実ですね。
ましてや、内輪差がバカみたいにデカい車輌を業務で運転するような奴らがアンポンタンじゃ話になりません。

やはり、ドライブレコーダでもくっつけてそれを武器にゴミドライバを糾弾していくしかないですかね。